ブログ
2018-03-03 21:22:50
わたしと摂食障害
今回の[摂食障害と○○」
テーマは[運動]です。


過食して、根こそぎ吐いたつもりでも、
なんだか食べたもの(とくに過食の初めの方で食べたもの)が身体に吸収されたように感じる不快感。
その不快感を解消するためにすること、運動です。
たのしく運動♪ではなく、ただひたすらカロリーを消費することを目的とした「過活動」です。
そこで今回は運動についてお話します。

[影響]
・身体のサインを無視して運動する
 疲労感があっても、眠れていなくても、運動でカロリーを消費することが優先されてしまう。
・納得いくまで終わらない
 悪い意味でのストイックで、自分の中で決めた運動が終わらないと逆にストレスになる。
・運動できないとき、落ち着かない
 運動できない日もあります。それがまた不安を大きくして、ストレスとなって過食嘔吐を増悪させる。
・きりがない
 運動して痩せる→うれしい。このループができあがり、運動の限度が狂ってくる。


[回復して思うこと・メッセージ]
・そんなに運動しても変わりません
 必死にカロリー消費したところで、体型も体重もそれほど激変しません。
 時には、ゆっくりする時間を設けた方が建設的。
 だから、2歩進んだら1歩下がるくらいのペースがいいです。
・運動しないときの不快感も考えてほしい
 運動できない日もあります。その時の不快感は、また過食嘔吐を悪化させます。
 なので、運動しない日にやることをいくつか考えておくといいです。
・身体づくりの運動をする
 カロリー消費という短期目標の運動は、逆に太りやすい体質になる場合があります。
 せっかく運度するなら、回復後も見据えた運動をした方が建設的です。
 基礎代謝をあげるための運動など、回復後も、太りにくい身体になります。

運動をすることで、健康になる。
健康があって、運動ができる。
こういうものだと思います。
過食嘔吐で、低体重の場合などは、正しい判断もできずに、悪い方に運動がエスカレートします。
動悸がしたり、心臓などにも負担はあると思います。
身体を無視し続けないでください。
よい意味で「サボる」ことです。サボること→本当の身体のためです。