ブログ
過食嘔吐と歯
2018-02-15 22:26:41
わたしと摂食障害
今回の[摂食障害と○○]
テーマは[歯]です。

歯。
これは私が過食嘔吐で一番影響を受けた部分かもしれません。


[影響]としては、
・虫歯だらけになる。歯磨きをしても虫歯になる。
・年中、歯科通い。
・結果的に歯を失う。差し歯、インプラントになる。
・歯科の治療費がとてもかかる。

歯が折れても、抜歯して血が出ていても、過食が止めれなかった


[回復して思うこと・メッセージ]
・メンタル面以外の支えになる場所をつくると心強い
 私の場合は歯科の主治医に、正直に過食嘔吐のことを話しました。
 あまりに頻繁に虫歯になるので、話さざるを得ない、という感じでしょうか。
 それによって、歯科の面では先生への信頼感・安心感がありました。
 過食嘔吐をしていることを精神科以外の先生に話すことは抵抗あるかもしれませんが、
 勇気をもって話して、私はよかったと思っています。
 何より、心強いです。
 精神科・心療内科の先生だけでなく、心から信頼できる箇所を(この場合は歯科)
 いくつか持っておくと、いろんな方に支えられている自分に安心できます。

・歯は再生されないもの。そのことをよく自覚してほしい
 いくら丁寧に歯磨きをしても、過食嘔吐の虫歯の勢いがあります。(人にもよりますが)
 自分なりに吐き方や歯磨きに工夫したりしましたが、あまり効果ありませんでした。
 過食嘔吐をしているときは、歯のことなんて気が回らないかもしれませんが、
 一瞬でも歯を労わる気持ちを思い起こすことができる「ゆとり」を持てるといいです。
 それが過食嘔吐にわずかでもブレーキをかけてくれるかもしれません。
 唯一の自分の歯です。
 大事にしてほしいです。