臨床心理士、マインドフルネス瞑想療法士が、心の病気からの回復を支援しています。

支援者紹介
 
ごあいさつ
こんにちは。
マインドフルネス福井 松村美帆です。
当サイトにお越しいただきありがとうございます。

私は日々、臨床心理士として、さまざまな悩みや問題、心の病気の症状で苦しんでいるクライエントさんに出会う機会があります。人間関係のストレスで悩んでいる方、自信がなく、他者と比べて劣等感がある方、症状に振り回されて疲れている方、良くなりたいけれど一歩が踏み出せない方…など、お一人お一人がそれぞれの問題を抱えています。そして真剣にその問題に向き合おうとされています。

心理療法にはたくさんの種類があります。
このページをご覧になられている方の中にも、これまでいくつかの心理療法を体験されてこられた方もいるのではないでしょうか。

マインドフルネス心理療法のひとつ自己洞察瞑想療法(SIMT)にはいくつかの特徴があります。(詳細はこちら
自己というものの捉え方、日常での出来事に対するとらえ方など、やや深いところからそれらを洞察していきます。
表面で起きるさまざまなことに動じず、深いところにある「大丈夫な自分」というものができてきます。
それが「行動できる自分」にもつながっていきます。
ただ苦悩に対して我慢や辛抱というのではなく、実際に行動していくということが、社会で生きていく上ではとても大切なことです。

日々クライエントさんと出会う中で、思ったこと。
マインドフルネス心理療法(SIMT)を知ってほしい。
実際に取り組んで、心の健康を回復してほしい。
そして、本当のなりたかった自分、たった一度の人生を、病気に振り回されず、自分らしく過ごしてほしい。

このような動機があり、現在に至ります。

実は私も以前はネガティブな部分が多く、自己存在というところで苦悩を募らせた時期もありました。
しかしこのマインドフルネス心理療法(SIMT)に出会い、
SIMTを研究、開発された一般社団法人マインドフルネス精神療法協会代表の大田健次郎先生に出会い、
理論になっている西田幾多郎博士の哲学に出会い…
多くの出会いがありました。
SIMTというものが、本当に奥が深く、社会の中で生きるということを何度も何度も考えてきました。
マインドフルネスを人は変われるんだということも実感しました。

「変わる」「心の病気を改善する」「ぶれない自分になる」…と言葉では簡単ですが、なかなか難しいのも事実です。
このマインドフルス心理療法(SIMT)も時間かかります。なにより、地道なご自身の努力が必要です。
だれが自分を変えてくれるのか?助けてくれるのか?
家族や周囲の環境、支援ももちろん大切ですが、なにより一番の見方は「自分」ではないでしょうか。
自分で自分を変えていく。
マインドフルネス心理療法(SIMT)で、そのお手伝いができたらと思います。
 
プライバシーポリシー
  • 個人情報の利用目的
    弊社が個人情報を収集、または利用する目的は以下のとおりです。
    1. サービス提供にあたり、お客様と連絡・確認をするため。
    2. お客様からのご要望、お問合せに対する回答をするため。
  • 情報の第三者への開示について
    弊社は、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。
    ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。
    1. 法令に基づき、裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合。
    2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合。
    3. お客様または弊社の権利の確保のために必要であると弊社が判断した場合。
    4. 業務遂行に必要な限度で個人情報の取り扱いを委託する場合。